郵便番号から住所

郵便番号から住所を返す

URL

http://api.excelapi.org/post/address

パラメーター

Parameters Option Description
zipcode 必須 郵便番号
parts オプション 応答データを指定する。
指定しない場合は都道府県・市区町村を含む住所を応答する
1: 都道府県
2: 市区町村
3: 町域

使用例

郵便番号のサンプル

B2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&A2)

C2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=1")

D2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=2")

E2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=3")

郵便番号から住所の読み仮名

郵便番号から住所の読み仮名を返す

URL

http://api.excelapi.org/post/kana

パラメーター

Parameters Option Description
zipcode 必須 郵便番号
parts オプション 応答データを指定する。
指定しない場合は都道府県・市区町村を含む住所を応答する。
1: 都道府県
2: 市区町村
3: 町域

使用例

郵便番号のサンプル

B2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/kana?zipcode="&A2)

C2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/kana?zipcode="&$A2&"&parts=1")

D2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/kana?zipcode="&$A2&"&parts=2")

E2:

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/kana?zipcode="&$A2&"&parts=3")

仕様の注意

当サイトの郵便番号の判定ロジックは、日本郵政の公式データを整形して利用しています。
日本郵政の公式データは、一部の郵便番号で「複数の住所」が応答される場合があります。 そのため、Excel の仕様に合わせて1セルに収める必要があるためです。
また、再利用が難しいカッコ書きの付属情報なども削除しています。

例えば、郵便番号「0660005」は次のようになります。
重複する複数の番地候補を削除し、句読点やカッコを取り除いています。

日本郵政の公式検索: 日本郵政

当サイトの場合: Excel

多くの場合、当サイトの仕様は日本郵政の検索よりも使いやすいと判断されると思いますが、このように仕様が異なりますので予めご留意ください。

住所の漢数字を算用数字に変換

与えられた住所の丁目や番地に漢数字が含まれている場合、算用数字に変換します。
漢数字が含まれない場合は与えられた住所を返します。

URL

http://api.excelapi.org/post/convert/kanji-number

パラメーター

Parameters Option Description
address 必須 住所を指定する

使用例

サンプル

=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/convert/kanji-number?address="&ENCODEURL($A2))

results matching ""

    No results matching ""