メインコンテンツまでスキップ

Excel:住所から郵便番号を自動入力する方法

はじめに

住所録などで住所から郵便番号を自動入力する場合があります。
これは郵便番号から住所を得るケースに比べても、難易度が高い内容です。

日本国内の住所というのは、「東京都千代田区霞が関1丁目1-1」などのシンプルなものだけでなく、「町」が複数回あったり、「郡」があり、「大字」「字」が含まれていたり、北海道では「線」があり、京都では「通り名」があるなど、多様なケースが存在します。

有名な方法として、「郵便番号変換ウィザード」を使用する方法などもありますが、この方法はアドインを導入する手間がかかりますし、アドインを導入していないユーザーは使用できないため共有に向きません。
また、表記ゆれを識別できなかったり、変換できない住所も多く存在します。

ここでは、表記ゆれを識別しつつ、住所から郵便番号を自動入力する方法を紹介します。

完成形

手順

  1. まず、以下のような表を作成します。

  1. B2に以下の関数を貼り付けます
=WEBSERVICE("http://api.excelapi.org/post/zipcode?address="&ENCODEURL(A2))

  1. オートフィルして完成です。