メインコンテンツまでスキップ

祝日の一覧を取得 ★

指定した年の祝日を返します。
表にすることで祝日の一覧を取得できます。

URL

https://api.excelapi.org/datetime/holiday-list

設定

設定必須説明
year祝日を取得する「年」を指定する。
line1年の何番目の祝日かを指定する。通常は行番号となる。
country国名コードを指定します。
指定しない場合はJP(日本)になります。

使用例

サンプル

  • 1行目:年
  • A列目:行番号

B2:

=WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/datetime/holiday-list?year="&B$1&"&line="&$A2)
備考

祝日が無い場合は0 (1900/1/0 の意味)を返します。 このようにすることで、WORKDAY 関数等でエラーが発生しなくなります。

ヒント

取得した日付形式の変更や計算を行う場合はDATEVALUE関数でシリアル値に変換する必要があります。

=IFERROR(DATEVALUE(WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/datetime/holiday-list?year="&B$1&"&line="&$A2)),0)
ヒント

WORKDAY 関数や、NETWORKDAYS 関数で指定する祝日は、表形式に対応しています。
そのため、祝日を範囲指定することで複数年に渡って祝日を指定できます。
以下の例ではB2~L26まで指定しています。
サンプル