メインコンテンツまでスキップ

郵便番号から住所を取得

郵便番号から住所を返します。

URL

https://api.excelapi.org/post/address

設定

設定必須説明
zipcode郵便番号
parts応答データを指定する。
指定しない場合は都道府県・市区町村を含む住所を応答する
1: 都道府県
2: 市区町村
3: 町域

使用例

郵便番号のサンプル

B2:

=WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&A2)

C2:

=WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=1")

D2:

=WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=2")

E2:

=WEBSERVICE("https://api.excelapi.org/post/address?zipcode="&$A2&"&parts=3")

仕様の注意

注意

当サイトの郵便番号の判定ロジックは、日本郵政の公式データを整形して利用しています。
日本郵政の公式データは、一部の郵便番号で「複数の住所」が応答される場合があり、Excel の仕様に合わせて1セルに収める必要があるためです。

例えば、郵便番号「0660005」は次のようになります。

日本郵政の公式検索: 日本郵政

当サイトの場合: Excel

重複する複数の住所候補が削除され、共通する部分のみが返されます。
多くの場合、当サイトの仕様は日本郵政の結果よりもExcelで使いやすいと判断されると思いますが、このように仕様が異なりますので予めご留意ください。